つけ麺

つけ麺2年ほど前東京に転勤になってから つけ麺とはなんぞやラーメンの麺をもりそばの液で食すものと思っていました。江戸川橋の大勝軒でもりそば(並)を食べて以来麺のシコシコな食感と甘酸っぱい温かいスープの組み合わせがなんとも言えず くせになっちゃいました。
さて今日の料理の時間ですNISSINつけ麺の達人(濃厚魚介醤油)298円麺は中太、2袋で260gですので大勝軒の並で330gですから少し少ないですね、スープ甘めですが中々の味ですマルちゃんと比較しますと麺はマルちゃんの方が麺は太く360gと量も多くその点はイイのですがタレがもう一つ私には?値段は398円と高いです。ニッシン
スープは丸一日煮込みました。鶏がら2、ネギの青い使わない部分、キャベツの芯、玉葱1残り1時間ぐらいに天然だしパック3で摂ったスープです麺は中太ですスープ麺
具材はきのこが冷蔵庫に在りましたので椎茸、シメジ、キクラゲ、トップバリュウの100円のメンマと角煮、スーパーのチャーシュウはハムのような感じなので角煮の方がチャーシュウぽいです。具材
調味料は器にりんご酢少々、一味、ラー油少々、薬味に白髪ネギ、輪切りネギです。薬調
大きめの鍋にタップリの水で麺を茹でます。スープにきのこを入れ一煮たちしたら液体スープの素を入れかき混ぜ火を止めます、器にスープを入れかき混ぜ、角煮を刻んだもの、メンマ、キクラゲを入れネギを入れ付け汁の出来上がり。麺は4分30秒で水洗いしヌメリを取り冷たい水で〆て出来上がりです。デキー
鶏がらスープを摂ると味が全然違いますよ、鶏がらスープの素だと塩が入っている分塩からくなってしまいます。鶏がら2羽で4リッターのスープが摂れますので色んな料理に使えるので便利ですよ昨日はこのスープでカレーを作りました。nissinの和歌山も時々食べたくなります。井出商店の香りがして...ピース追伸 一昨日弥七のつけ麺を食べて来ましたクリーミー塩つけ麺美味しかったです。今のところつけ麺では池袋の麺屋後藤がスープ、麺、仕事ぶり(お客の対応)で好きです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑